プログラミングでは何が作れるの?開発サービスごとの言語も紹介

これからプログラミングを学ぼうとしている人は、「プログラミングってなんとなくパソコンでWebサイトとかアプリを作るのはイメージできるけど、他には何が作れるの?」という疑問を持っているのではないでしょうか。

実は、普段私たちが使っているものの多くがプログラミングによって作れられています。また具体的に作りたいものが決まっている人は、学ぶべき言語も決まっているでしょう。しかし漠然とプログラミングを始めたい人には、どの言語を学ぶべきかも迷っているかもしれません。

そこでこの記事では、プログラミングでどのようなものが作れるのか、また開発するサービスごとにどんな言語が使われているかを紹介します。

Webアプリ・ゲーム・AIなどがプログラミングで作られている

プログラミングで作れるものは、非常に多岐に渡ります。そこでここでは、身近なものプログラミングで作られているものを見ていきましょう。

  • Webサイト
  • Webアプリ
  • スマホアプリ
  • ゲーム
  • AI

ひとつずつ掘り下げていきます。

Webサイト

Webサイトとは、インターネット上で検索できるページのこと。このブログもWebサイトの一種です。

GoogleやYahoo!などで検索するページは、全てWebサイトです。つまり、多くの人が普段からWebサイトに囲まれて生活しています。プログラミングを勉強することで、Webサイトの作成ができるようになります。

Webサイトを作るには、次のような言語を学ぶとよいでしょう。

Webサイトを作るときに使うプログラミング言語
  • HTML
  • CSS
  • JavaScript
  • PHP
  • jQuery

もちろんこの全てを使わないとWebサイトが作れないわけではありません。しかし、多くの言語を知っておくとより高度なWebサイトが作れるようになります。

Webアプリ

Webアプリとは、Webサイトに特殊な機能を持たせたもの、というイメージをしておけばOKです。

具体的に言うと、代表的なWebアプリには次のようなものがあります。

  • SNS(Facebook、Twitterなど)
  • 検索エンジン(Google、Yahoo!など)
  • 動画サイト(Youtube、ニコニコ動画など)
  • ECサイト(Amazon、楽天など)

例えば、あなたがいま見ているこのブログには、これらのような機能はありませんよね。つまり、SNSとしてのWebアプリ、動画を投稿するためのWebアプリ、商品を探して購入するためのWebアプリなど、それぞれ目的に応じて作成されています。

Webアプリを作るには、Webサイトを作る知識以上の言語を知っておく必要があります。

Webアプリを作るときに使うプログラミング言語
  • C言語
  • Ruby
  • Java

スマホアプリ

スマホアプリはもう説明するまでもないでしょう。あなたが使っているスマホには、たくさんのアプリがインストールされていると思います。よく使われるスマホアプリはこのようなものが代表的です。

  • LINE
  • 音楽アプリ
  • 電話アプリ
  • SNS(Instagram、twitterなど)
  • 動画アプリ(Youtube、tiktokなど)

このように、Webアプリ同様に目的に応じて作られています。どちらかと言うと、スマホ決済アプリや家計簿アプリなど、Webアプリよりもより生活に身近なものがスマホアプリになっていることが多いです。

スマホアプリを作るときに使うプログラミング言語
  • Python
  • Swift(iPhoneやiPadなどで使われる)
  • Java(Androidで使われる)
  • Kotlin(Androidで使われる)

ゲーム

ゲームもプログラミングによって作られています。昔やったあのゲームも、プログラミングを学べば作れてしまうかもしれません。

ゲームと言っても、RPGやレースゲーム、アクションゲームなどゲームの種類はさまざま。またiPhoneやAndroidなどのスマホをはじめ、Nintendo SwitchやPS4など、ゲームをする媒体によっても必要な言語は異なります。

ゲームを作るときに使うプログラミング言語
  • Unity(C#)
  • C++
  • Unity
  • Ruby

AI

AIという言葉を最近よく聞きますね。「人工知能」という意味で、AIもプログラミングによって作られます。

しかし、AIと聞いても何ができるのかあまりピンと来ないですよね。AIでできることは次のようなものです。

  • 画像処理
  • 音声処理
  • 言語処理

画像処理とは、例えばiPhoneの「ピープル」という機能では写真に写っている人物を認識し、人物ごとのフォルダを作成します。音声処理はiPhoneに搭載されている「Siri」が有名ですね。言語処理とは、言語を聞く能力ではなく話す能力と考えてよいでしょう。ソフトバンクが開発した「Pepper」がその代表例です。

このように、AIの開発は近年かなり注目されています。AIを作れるようになると、今後仕事する上で困らないでしょう。

ゲームを作るときに使うプログラミング言語
  • Python
  • Java
  • Javascript
  • C++

プログラミングを始めるなら、何を作りたいかイメージしておこう

この記事では、プログラミングでどのようなものが作れるのか、また開発するサービスごとにどんな言語が使われているかを紹介しました。

プログラミングを始めるなら、何を学ぶかよりも「何を作りたいか」、目的を明確にするとモチベーションを高く保つことができておすすめです。副業が目的でプログラミングを学ぶにしても、どんな領域に興味があるかを考えてからでもよいでしょう。

未経験から副業でプログラミングを学ぶなら「TECH::EXPERT」がおすすめです!これまで受講した人の97%が未経験でプログラマーとして転職に成功した実績があります。

学習内容はフロント・サーバーサイド・インフラと、全ての領域を同じコース内で学習可能。

さらに、ただプログラミングを教えてくれるだけでなく、専属のトレーナー・キャリアアドバイザーが学習計画やキャリア相談などを手厚くサポートしてくれます。また「副業・フリーランスコース」には、仕事案件が獲得できなければ全額返金する補償まで付いているので安心です。

これからプログラミングを学びたいという人は、まず無料カウンセリングを受けてみては?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です