YouTubeとTikTokチャンネル開設1ヶ月!登録者合計4500フォロワー!?

9/7からスタートした

起業副業に特化した

YouTube TikTokチャンネル!

嫁さんが動画編集を担当して

僕がそれ以外を担当

育児はもちろん夫婦での連携プレー

むしろ青くんもTikTokの動画にたくさん出演してもらいました笑

成績発表!

YouTube16投稿

登録者0→820

TikTok51投稿

フォロワー0→3500

このペースで続けて

緩やかに曲線成長を遂げたと仮定すると

2020年中には

YouTubeは登録12万人

TikTok410万フォロワー

が目指せるかと思います。

僕の今の視聴維持時間から逆算すると

チャンネル登録2万人までいけば、

YouTubeの広告費だけで家族の暮らしを支えることが可能です

さらに

分かる人は分かると思いますが、YouTubeやる目的が広告収入のみなわけがなく、

既存の事業や新しく展開予定の事業との

掛け算によっておそらく

月収はプラスで100万以上、

上がる見込みです。

その収益は当然

旅と勉強に全て費やし

それもまたコンテンツ化します

もう老後資金も貯め終え

家も店も土地も買い

生活にお金で困ることはないので

(島暮らしのおかげさま)

自己成長のみが最高の趣味です

全てBETします

YouTubeの可能性のすごさ

イメージつきやすいように

分かりやすくお金面も数字と具体例でまとめてみましたが

YouTubeの可能性、すごいです。

1会社1HPの時代から

1会社1動画メディアの時代に完全に移行しつつあります

 

理由は単純明快で

HPはテキスト媒体

YouTubeは動画媒体

本を読む人と

テレビを見る人の割合で言うと1:9だからです

5Gの時代に入れば「ダウンロード」「通信制限」という概念すらなくなり、

動画市場はさらに伸びるでしょう。

まだまだブルーオーシャン

上記を見て

「知ってますー何度も聞いてきましたー」っていう経営者仲間もいれば

「たしかに最近皆YouTuberなりだしてるなー」なんて友達

「自分の周りにYouTube始めてる人なんて1人もいない」なんてジモティ ーまで

様々でしょう。

そしてYouTubeに今から参入してももう遅いんじゃないの?と「YouTube今更感」を感じてる人って多いと思います(僕もそうだったので😂

しかしちゃんと調べていたら

そんなことは全くなく

空いてるスペースばかりです

例えるならフードコートに

ラーメン屋とカレー屋はあり大繁盛してるけど

まだ

うどん屋とトンカツ屋とピザ屋とチャンポン屋

は参入してない、みたいな状態です

ただ今から始める人に言いたいのは

「過激系」「下ネタ系」「エンタメ系」には手を出さない方が良いということです。

理由はまた何かで説明します

YouTubeはチームプレイ大事

長くなりましたが、

1ヶ月前には登録0人のYouTubeチャンネル

夫婦で頑張って徹夜で12日連続投稿するも

10再生も行かない日々を抜けて

それでも希望を持ち続けた

僕ら夫婦のガッツに乾杯!

スラムダンクの「俺たちは強い!」

に似た気持ちです。

力合わせたら何でもできちゃいます

根性あるので

YouTubeオフ会in名古屋

YouTubeオフ会

YouTubeに関する情報交換会を

名古屋でやります!

今からYouTube始めたい人

今すでにチャンネルある人

半々ぐらいで

520名ぐらいの小規模飲み会and勉強会

やろうと思ってますー

 

(ちなみに先に言っておきますが収益はちゃんと発生させるので4500円ぐらいの会費でやります)

収益は別に私用には使いません

どんどん貯めていき

いずれ有名YouTuberをゲストで呼ぶ経費に

あてたいと思ってます

興味ある方はメッセージかコメントくださいー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です